警報発令時の対応について

警報が発令された場合、生徒が朝登校すべきかどうか下記の基準に従ってご家庭で判断していただくものとしますので、ご確認ください。

午前6時時点の気象情報(NHK5時55分~6時)で、広島市(広島・呉)または自分の通学経路に次の警報のうち2つ以上(暴風警報は1つ)が出されている場合、生徒は自宅で待機とする。
※警報は、大雨・洪水・暴風・大雪・暴風雪とする。但し、船通学の生徒については、波浪・高潮も含む。
午前9時までに警報が解除された場合、安全に留意しながら登校する。学校は2時間遅れで始業(10時30分)する。
午前9時の時点で警報が解除されていない場合は休校とする。
休校の場合は、原則としてその日の授業を後日に振り替える。
※広島では警報が出ていないが、居住地で警報が2つ以上出ている場合は、居住地で警報が解除されるまで自宅待機とする。
※自宅付近が危険な状態の場合は、保護者の判断で自宅待機・登校を決める。登校しない場合は必ず学校に連絡する。
※午前6時の時点で自分の通学に利用する交通機関が運休をしている場合は、上記の警報と同様に自宅待機とし、復旧し次第登校する。午前9時の時点で運休している場合は特別欠席とするので、生徒は登校せず自宅で学習する。
※授業開始後、警報が発令した場合、状況を検討し、生徒を帰宅させるかどうか判断します。