ごあいさつ

理事長あいさつ

理事長 増田 宏

いつも感謝の心を持ち、
誠実勤勉で礼儀正しく、
責任感のある人物の育成をめざします。
理事長 増田 宏

校長あいさつ

今年も新型コロナウイルスに負けず、未来を信じて今を頑張ろう  今年も5月に入って9都道府県に緊急事態宣言が発令され、6月20日迄緊急事態宣言の期間が延長されました。今は暗く長い闇の中ですが、必ずこの闇は明けます。未来を信じて、一人ひとりが今できることを協力し合い、今日を頑張りましょう。
 
 本校のスローガンは「Challenge and Change」「Just do it」です。
 本校で日々学ぶことで、新たな自分創りに“Challenge”し、その“挑戦”によって自分をChange、“変える”高校生活にして欲しいという願いを込めています。
 そして今年“Just do it”「行動あるのみ」という言葉を付け加えました。本校で行動に移すという意味ですが、もっと強調したい思いは「広島桜が丘高等学校で、新しい自分創りの行動を起こせ!」というメッセージでもあるのです。未来の自分を創るため、自分で決断したことを、この広島桜が丘高等学校でスタートさせるのです。
 
 勉強、資格取得、クラブ活動、生徒会活動、ボランティア活動と全てをバージョンアップさせています。一人ひとりの生徒が主役となり、“Just do it”本校で新しい自分創りの一歩を踏み出してください。
 勉強面においては、ICT教育を充実させるための専用ルームを刷新しました。また英語教育に特化し「英語の桜」をめざしています。
 クラブ活動も本格的に稼働させ、女子バレーボール部に加えて、サッカー部を強化クラブに指定して強化します。また今年はチアリーディング部や女子バスケットボール部も新たに創部しました。本校にとって今年は新たな歴史の幕開けです。大会にも本格的に出場し、勝ちにこだわって「勝つ喜び」「負けた悔しさ」を味わい、同じ高校生同士で競い合えるよう学校を挙げてクラブ生を応援します。
 どうぞ、未来の自分創りに対する“Challenge”精神旺盛な諸君を待っています。  
校長 𠮷川 幸秀

Copyright Hiroshima Sakuragaoka High School.