ごあいさつ

理事長あいさつ

理事長 増田 宏

いつも感謝の心を持ち、
誠実勤勉で礼儀正しく、
責任感のある人物の育成をめざします。
理事長 増田 宏

校長あいさつ

学校法人 松本学園として、
新たな学校創りにchallengeします。
 令和元年 学校法人松本学園 広島桜が丘高等学校として、新しい歴史を創造します。スローガンはChallenge and Change “Take action” です。
 「本校で学ぶことで新たな自分創りに“Challenge”し、その“挑戦”によって自分をChange“変える”場となる高校生活にして欲しい」という願いを込めています。
 また今年は“Take action”という言葉を付け加えました。“行動を起こせ”という意味で表せますが、もっと強調したい意味は「新しい環境で新しい自分を創る」です。
 誰もが不安や悩みを抱えながら立ち止まりそうになることがありますが、未来の自分のためにも、自分で決断したことを、この広島桜が丘高等学校から始めてもらいたいと思っています。
 勉強面においてはICT教育を充実させるための専用ルームを新設しました。また英語教育にも特化し、「英語の桜」をめざします。
 クラブ活動も本格的に稼働させます。今年は本校にとって新たな幕開けとなります。本格的に大会に出場し、勝つ喜び、負けた悔しさを味わい、同じ高校生同士で競い合えるよう学校を挙げてクラブ生を応援します。
 6月9日広島県高等学校総合体育大会バレー競技決勝で女子バレーボール部が11年ぶり2度目の優勝を果たしました。広島県代表として宮崎インターハイに出場します。
 勉強に資格取得に、クラブ活動に、生徒会活動やボランティア活動など全てをバージョンアップさせます。
 全校生徒も778名となり、各学年6クラス、3学年18クラスの生徒一人ひとりが主役となり、本校の新しい歴史創りの大きな一歩を踏み出しました。「中学生が入学したい学校にしよう」が合言葉です。
 今年度、新入生が266名入学してくれました。1年生は3年間しっかりと本校で勉強に目覚め、クラブ活動で精神力を鍛え、学校生活を通じて自分の可能性に挑戦して頂きたいと期待しています。
 どうか今年も広島桜が丘高等学校に乞うご期待ください。
校長 𠮷川 幸秀

Copyright Hiroshima Sakuragaoka High School.