沿革

広島桜が丘高等学校のあゆみ

1901(明治34)年4月15日
開学の祖「松本隆興」先生が、賀茂郡吉土実村大字吉行(現東広島市西条町)の自宅に、小学校准教員の養成を目的とする「私立松本学校」を開学。
1923(大正12年)年4月1日
「広島県松本商業学校」に昇格
                    
1927(昭和2)年4月10日
賀茂郡西条町から広島市尾長町(現広島県瀬戸内高等学校)の地に移転
                    
1951(昭和26)年3月31日
「財団法人松本学園」を「学校法人松本学園」に改称
                    
1963(昭和38)年4月10日
学校法人松本学園 松本商業高等学校女子部を開設
1968(昭和43)年4月1日
広島第一女子商業高校に校名変更
                    
1983(昭和58)年11月5日
学校創立20周年記念式典挙行
1993(平成5)年11月6日
創立30周年記念式典挙行
1997(平成9)年4月1日
広島桜が丘高等学校に校名変更
普通科設置
2001(平成13)年11月20日
学校法人瀬戸内学園創立100周年記念式典挙行
2004(平成16)年4月1日
普通科男女共学
2012(平成24)年4月13日
創立記念式典 新体育館落成記念式典挙行
                    
2012(平成24)年9月30日
新校舎(職員棟・教室棟・体育館)建築 並びに校舎改修工事完成
2012(平成24)年11月10日
竣工式挙行
2013(平成25)年10月31日
創立50周年記念式典・記念講演・記念祝賀会挙行